H&Mのコンセプトは、「ハイファッション」

H&Mのコンセプトのひとつは「ハイファッション」

「ハイファッション」とは、高価という意味ではなく、
NYやパリで発表された最新ファッションにも劣らない
最先端のモードという意味です。
まるで生鮮野菜のように売り場に行くたびに店頭には
新商品がならんでいます。

H&Mのこの秋冬モードで軸になるトレンドはクラシックミックス。
クラシックに新しいエッセンスを加えるのがポイントです。
人気の続いたフェミニンは、秋冬はひねりを加えて進化。
マニッシュ、ボーイズテイスト、スポーツなどのスパイスを
加えて、エレガンスを崩すのが新しいスタイルです。
ジャケットやパンツなどを加えチェック柄でトラッドを
崩すのも新鮮です。

今年復活したブラウスは膝までのミディ丈のクラシカルな
タイトスカートのウエストにインする着こなしが定番化しそう。
| H&M

H&Mの特徴

H&Mの特徴は低価格と最新モード

手頃な価格でありながら、ファッション誌に広告を掲載したり、
デザイナーズブランドの店が多くあるエリアに店舗を
出すなどして、高級指向の顧客もターゲットとしています。

ステラ・マッカートニーやカール・ラガーフェルド、
ヴィクター&ロルフなどの有名デザイナーによるラインナップや、
マドンナ、カイリー・ミノーグとのコラボレーションによる商品も
発売したことがあり、H&Mのブランドの化粧品もあります。

H&Mの取り扱い商品

H&Mは女性用のコート、ワンピース、カットソー、ドレス、
ブラウス、ボトムス、男性用ジャケット、パーカー、セーター、
シャツ、パンツなどを扱っていますが、商品が売り切れると
再生産はせず、次から次へと最新モードの新商品を投入します。

タグ:H&M.特徴
| H&M

H&Mの始めは「Hennes」「彼女のもの」

H&M (えいちあんどえむ)は、スウェーデンのアパレルメーカー、
ヘネス・アンド・モーリッツ (Hennes & Mauritz)の世界に
展開しているファッションブランド。ファッション性が高く
しかも低価格の服で世界的に人気があります。

1947年にスウェーデン中部の都市ヴェステロースで創立された時は
婦人服専門で、社名も「Hennes」スウェーデン語で「彼女のもの」
という意味でした。

1968年にストックホルムの狩猟用品店「Mauritz Widforss」を買収し、
それから紳士服も扱うことになり、店名も「Hennes & Mauritz」と
なりその後「H&M」の略称が正式なブランド名となりました。

「Hennes & Mauritz」より「H&M」の方が簡単で覚えやすく
世界で展開するには「H&M」の方が断然良いですね。
タグ:H&M
| H&M

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。